サラリーマンの風俗道

 >  > デリヘル利用は早めの時間が良し

デリヘル利用は早めの時間が良し

デリヘルを利用する際は、デリヘル店オープンぐらいの時間にしています。本音を言えば、23時頃ぐらいからデリヘルを利用して、一発ないし二発、そしてその後の妄想へといかせる思い出が欲しいものですから、土曜日休みの0時頃から利用したいわけですよ。自分が寝る時間との兼ね合いもあって。しかし土曜の0時以降ともなれば、デリヘル嬢の方も僕がその日はじめてのお客さんというわけではないわけです。世間が休みの日の場合ですと、僕で二人か三人めであったりするわけです。ですからデリヘル嬢の方もやる気がなくなっていたりするわけです。そうすると、なかなかこちらも余裕を持って楽しめないわけです。なぜなら、あからさまに疲れを見せるデリヘル嬢だっているわけですし、「なんで金を払ってるこっちが気を遣わなあかんねん」と思われるデリヘル嬢もいるわけです。しかしこちらのスタンバイ体勢としては、「週末だしたっぷりエロいこと楽しむぞー」というノリなわけです。そこで矛盾が生じるのです。ですからデリヘルは早めの時間に利用しております。

アナルファックはテクニックが必要

挨拶を交わした後、タイマーがセットされてスタートです。どうやら残り10分で鳴るように仕組まれているようです。残り10分はもちろんシャワー浴びる時間です。女の子は既にヌードだったため、僕だけ服を脱がしてもらいました。ベルトはちょっと高級で複雑なもの。外すのにちょっとテクニックがいるのですが、あっさり解いてズボンを脱がせてきました。ワイシャツも剥がされてあっという間に全裸。半勃起状態のアソコを視て「もう興奮しているんですか?」と、ヘルス嬢がからかってくる。「こんなエッチなボディを前に、ムラムラしない方がどうかしてますよ」といって、抱き寄せてクビキスをしました。シャワーで洗い、オプションのアナルファックをするためスキンを用意してもらいました。スキン装着で挿入・・・アナルファックに慣れていない子で、挿入する際に何度も出口で弾かれました。5分くらいかかって挿入。僕の方も、イクのに結構時間かかっちゃいました。でも、溜めた分だけ一層多く射精できました。

[ 2015-07-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ